インターネット最前線 

常時接続サーバ ホームLANとEtherNetへ

このページを開くにはIE5のインストールが必要です。
バージョン5からすでに2年以上を経て、ついにウインドウズ版IE6のベーターが公開されました。
Internet Explorer 6 Public Preview
IE6はウインドウズXPで真価を発揮する。?

Internet Explorer 6 は WindowsR オペレーティング システムの次期バージョン Windows XP に含まれる
テクノロジーの中心となるものです。
今回注目される背景には、新OS「ウインドウズXP」の存在がある。
正式版は、今までの流れからいくと9月のうちには公開されるであろう。
パブリックプレビュー版 ダウンロード こちら
「 X M L 」 近い将来、企業間の電子商取引の共通語になる?
 最近、「XML」という言葉をよく見聞きし、書店にも解説書が並ぶようになった。 XMLとは、「eXtensible Markup Languege」の略称で、「拡張可能なマー
ク付け言語」という意味。ホームページを記述するための言語「HTML」はご存知の方も多いと思うが、XMLは、端的に言うとHTMLをさらに高機能
にしたもの。
 HTMLでは、「タグ」と呼ばれる書式が、あらかじめたくさん用意されており、目的に応じて使い分けるが、XMLは、タグを独自に定義できることが
HTMLとの大きな違いで、これが「拡張可能」という名称の由来である。 XMLは、ウェブと相性がよく、OSやアプリケーションに依存しない、イ
ンターネットにもっとも適したデータの表現方法。その仕様は、コンピュータがデータを読みとりやすいだけでなく、人も内容を確認しやすい。コンピュー
タ言語としては、HTML同様、比較的簡単に習得できることも特長となっている。 XMLの使い道として、もっとも普及が見込まれているのは、企業間の電子
商取引(BtoB)だ。近い将来、企業間のデータのやりとりは、すべてXMLになり、今後発売されるビジネス関連のアプリケーションは、すべてXMLに
対応することになるとも言われている。 そうなれば、XMLは、IT関連だけでなく、すべてのビジネス関係者に欠かせないものになる可能性が高い。
i-kazeのHPで一部すでに採用しています。
インターネットエクスプローラの新機能(縦書き表示)をすでに採用しています。

ウェブビデオスタジオ あいの風の撮影した感動の瞬間を、ビデオ編集で最大5分間ご覧いただけます。
ビデオをご覧になるには、Windows Media Player が必要です。試作品No1
インターネットTVを楽しむための最新の3大プレイヤーが こちらで 無料でゲットできます。

テキスト 画像 音声 動画 インターネットテレビ

インターネットテレビが今、一番おもしろい。
※インターネットテレビ = ダウンロードする必要のない 「ストーリーミング」 形式の動画コンテンツ。

ブロードバンドの到来とともに、ライブ中継や映画の予告編も、より高画質、高音質で
楽しめるようになったほか、インターネットだけでしか見られない高品質のコンテンツも急増している。
昔のアニメ作品や新作の映画もまるごと一本見られるようになるなど、幅も広がってきている。
最近では、個人自ら映像を発信する”パーソナルキャスティング”(個人放送局)も広がりつつある。
すでに多くの人が愉しんでいる!

見えはじめたWindows XP 2001年後半に登場予定。
Windows 2000 のエンジンを基に設計され、Windows 2000 と Windows NTを統合。
名前は、Windows(コード名「Whistler」)はWindows XPとなり、Office(コード名「Office 10」)はOffice XPとなります。
このWindows XPで、今までのNT系と9×系のWindowsが統一されて、完全に32bitOSとしてビジネス用、家庭用の
Windowsが統一されるということです。
つまり、WindowsMeとWinodws2000はWindows XPへの準備的性格のOSだと言えます。
Windows2000が出たことによって、ソフトが16bit、32bit両方に対応するようになってきており、32bitOSになると
これまでのソフトが使えなくなるという危険性はありますが、比較的スムーズに移行するのではないでしょうか。


ADSLとは何か?必要な機器、申し込み方法、対応プロバイダ

ADSのいいところ

1回線で電話もインターネットも同時に使える!!
なぜ可能かというと、電話使用時とADSL接続時の周波数の違うから。
通話料金は必要ない。接続料金だけでOK!
ADSLは主配線盤(MDF)接続。NTT交換機の手前からインターネットに
接続するためMDF接続料だけで通話料はかからないのだ。
速い!!アナログで512kbps!
下りが512kbps、上りが224kbpsというハイスピード!
電話回線を使っているのに高速なのは低周波数から
高周波数までの広範囲な周波数を使って、伝送効率を上げてるから。
ADSL接続サービスをアナログ電話と共用する場合でも、電話番号はかわらないので、現在の電話番号はそのまま。
工事はCATVほど大掛かりではなく、モデムの設置のみ。さらにADSLは通信の共用が無いのでセキュリティの点で優れている。
また新しくアナログ回線を追加してもADSLはISDNの通信ノイズに影響され、速度が遅くなったり通信不可能になる可能性も!

ADSLで必要な機器
自分で購入

 パソコンとADSLモデムを接続するために必要
  ・ 10BASE-TポートEtherカード
  ・ 8ピンモジュラーUTPストレートケーブル
リース
 設置工事の時に取り付けてもらえる ・ スプリッタ
  ・ ADSLモデム
最初の月にかかる費用
 NTT-MEの場合
初期費用 2万9800円 + 機材 2500円 + 月額基本料 6980円 = 3万9280円
ADSL利用開始までの流れ
プロバイダによって内容が違うのでよーく確認しよう!
ADSLの利用と接続の申し込みの両方を受け付けてるところが多いみたい。
申し込んだ回線がADSLに対応するかチェック。
ISDNの場合はアナログ回線に変更する必要がある。
NTTがユーザーの回線を局内のプロバイダ設備につなぐ。
通信会社などがユーザー宅にモデムなどを取り付ける。
ユーザーがパソコンの設定をしてADSLが利用可能になる。
ADSLを対応しているプロバイダ
ADSL対応会社 プラン 月額基本料 エリア
(接続可能なNTTの局名)
東京めたりっく通信 Single640 5500円 東京23区、
メタリックコアラ 個人(端末型接続利用コース) 8000円 NTT西日本局内ビルに接続するユーザーが対象

やっぱりうわさのCATVやISDNも気になる。住んでる地域や環境によって違ってくるので、よく比べて考えてみよう。 あなたはどの回線を選ぶべき?
ADSL
初期費用 1万3000円〜3万円前後 月額費用 5500円〜1万円 スピード 512kbps 対応プロバイダ 東京・大阪をメインに数社
簡単な工事と月額5500円〜1万円程度で、最低でも512kbpsの通信速度はかなり魅力的。ただしサービスエリアがまだ少ない点や、ISDN回線と一緒に配線できないなど制約も多いのが難点なところ。
CATV
0円〜8万円 5000円〜1万5000円 512kbps〜1Mbps ナシ(各CATV会社など)
初期費用がかなり高額なことが大きなネックになっている。だが通信速度は最大1Mbpsと他のインターネット接続に比べ桁違いのスピードを誇る。自宅のヘビーユーザーの場合は検討の余地がありそう。
ISDN
2万〜3万円 約6500円(各プロバイダで異なる)64kbps〜128kbps 日本各地に多数
通信速度は最大128kbpsで、料金も安く総合評価としてはかなり高い。すでに主流になっていて、最近では「フレッツ・ISDN」が登場して定額でインターネットが楽しめる。迷っているならISDNを選べば間違いなし。
ADSL接続サービスをアナログ電話と共用する場合でも、電話番号はかわらないので、現在の電話番号はそのまま。
工事はCATVほど大掛かりではなく、モデムの設置のみ。さらにADSLは通信の共用が無いのでセキュリティの点で優れている。
また新しくアナログ回線を追加してもADSLはISDNの通信ノイズに影響され、速度が遅くなったり通信不可能になる可能性も!
現在試験サービス中の会社でも今後正規のサービスに移行する。本格的なサービスが開始されても継続利用できるが料金の変更が出てくる可能性はある。

通信回線は従来回線で、ADSLモデム(現在は市販されていない為、プロバイダからのレンタルとなる)で、PCとの接続はLANを返す事になる。PCとADSLモデム間にルータを入れれば、複数のPCでインターネットが利用できます。又、低速腺は電話を接続します。ですから、最低必要な機材は、ADSLモデム(レンタル)とPCのLANボードくらいでしょうか。
ADSL関連ホームページ
ADSLの導入を考えるならココ。日本で行われているADSLサービスの一覧を閲覧できる。導入を検討している人に最適 
体験者の生レポート。
最新ネットワーク情報をGET!ADSLとは?に答えてくれるサイト。ADSL以外の新しい回線の情報も入手可
CRMのファーストステップはCTIから!!
電話とPCの連携で、受話器を取る前に顧客情報をPC画面上に表示。
CTI(コンピュータ・テレフォニー・インテグレーション)はCRMの代表選手。
電話に出る前に、お客様のお名前や住所などの顧客情報や過去の取引履歴をデータベースから検索、
パソコン上で確認できます。
画面発信機能
お客様の電話番号をデータベースから検索して、パソコンの画面上から簡単に発信することができます。
着信履歴機能
応対中にかかってきた電話も着信履歴に残すことができます。
伝票印刷
受け付けたお客様の注文内容をそのまま伝票として出力することができます。
マーケティング機能
データベース項目の中からお客様条件を設定してDMの宛名ラベルなどを出力することができます。
データベース
データベース項目と入力画面が事前に用意されています。 (詳細こちら)

You can create i-kaze on your pages with two of IE 5.50 technologies, DHTML Behavior and XML
WWWプラウザー 自動判別  調査している間、しばらくお待ちください。